ロッカーとジャザーの違いとは

ジャズギタリストによる名言ではないのかもしれませんが、ロック・プレイヤーとジャズ・プレイヤーの違いに関する有名な定義(ジョーク)があります。

誰が言い出したのか知らないのですが、次のような定義があります。

“What is the difference between a rocker and a jazzman? A rocker plays 3 chords in front of 3000 people, where as, a Jazzer plays 3000 chords in front of 3 people.”

ロッカーとジャズマンの違いは何か? ロッカーは3000人の聴衆の前で3つのコードをプレイするが、ジャザーは3人の聴衆の前で3000のコードをプレイする。ロックで3つ、ジャズで3000、という数字の誇張が絶妙だと思います。

ロックで3つというのは本当にあるかもしれませんが(I, IV, Vの3種類だけとか)、ジャズの3000というのは、ジャズギターの場合ボイシングの工夫で確かに数百種類のコードが存在してもおかしくないわけで、実際に1度のライブで3000種類のコードを使うことはありえないにしても、妙に説得力のある数字です。

単にコードのクオリティ、テンション、転回型の組み合わせによる変種だけなら3000種類は行かないかもしれませんが、ジャズ・ギタリストのカラーパレットである不完全コードの領域に足を踏み入れると、3000という数字は実は大袈裟でもないと思います。





ロッカーとジャザーの違いとは
この記事をお届けした
Jazz Guitar Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!