いまレスペクトされている海外ジャズ系ギタリスト(2017)・投票結果発表

この記事をシェアする

2017年2月17〜25日の1週間、当ブログを読んで下さっている皆様にレスペクトしているジャズ系ギタリストをお伺いしました。435名もの方々に投票していただきました。どうもありがとうございます!どんな結果になったか、この記事であらためて紹介したいと思います。

まずトップ10です。錚々たる顔ぶれ!No.1に輝いたジム・ホールは私も大ファンなので嬉しい限り。投票所に大きいジム・ホールの写真を飾ってしまったので多少バイアスが発生した可能性は否定できませんが、いや、それでも!これほど多くの人の心を打つジム・ホールの音楽の魅力は何処から来るのか、あらためて考えてみたくなる結果でした。先日来日したばかりのジュリアン・ラージが5位に入っているのもすごいですね。

いまレスペクトされている海外ジャズ系ギタリスト・投票結果発表

11〜20位はどうでしょう(音楽は順位や優劣とは無関係ですが、どれだけ多くの方が興味を持っているかがわかる指標と捉えていたければ幸いです)。これも納得ですね。グラント・グリーンやケニー・バレルといった”The Jazz Guitar”という感じの名前も、コンテンポラリー系ギタリストの名前もしっかりあります。フュージョン系だとラリー・カールトンとアラン・ホールズワースが高い人気を誇っているように見えます。

いまレスペクトされている海外ジャズ系ギタリスト・投票結果発表

ここで1960年以降に生まれたギタリストに絞って見てみます。すると下のような結果になりました。個人的にはこれらの名前を見て納得、という感じです。順番は別として、外せない名前がきっちり入ってきている気がします。注目はジェシ・ヴァン・ルーラーでしょうか。ジュリアンとカートを別格とすると、かなり多くの方々の支持を得ているように見えます。勿論私も大好きです。2015年の “Phantom” は名盤でした(下のリンクから各ギタリストの音源を検索できます)。

今回の投票結果一覧をご覧になって、このギタリスト聴いたことないな、という人が見つかったら、是非聴いてみてはどうでしょうか。この度は多くの方々にご投票いただき誠にありがとうございました!

Phantom (The Music of Joe Henderson)
Jesse van Ruller
SPACE SHOWER MUSIC (2015-03-25)
売り上げランキング: 107,438

(追記:投票実施中、ギタリスト名のスペルに誤りがありました。Jesse Van Rulerは正しくはJesse Van Ruller, Yotam SilversteinはSilbersteinの誤り。失礼しました)。

この記事をシェアする