怪談


※心霊現象が苦手な方、回りに誰もいない方は、夜には絶対に読まないでください










その夜、遅くに帰宅した私はいつものように、灯を落とした自室で、寝る前のギター練習をはじめたのです。深夜ということもあり、既に寝静まっている妻を起こさぬよう、小さい音で、まずロングトーンから始めたのです。

ポーン。ポーン…

静まり返った部屋に、3弦5フレットのC音がこだまします。ポーン。ポーン…

その時でした。背中がゾクッとし、額から冷たい汗がツー…と流れ落ちてきたのです。いきなり、心臓がドキドキしはじめます。

何かに、誰かに、見られている。

そのように感じ、振り返ろうとしましたが、金縛りにあっているのか、首から下が全く動きませんでした。

そこで、やっとの思いで、首だけを回し、ゆっくりと、背後を振り返りました。恐る恐る…



すると、そこに見えてきたのは、首のない何かでした。


ハーッと私は心臓をバクバクさせながら、目を逸しました。

何かいる。首のない何か が後ろにいる。

どうしよう。殺されてしまうかもしれない。怖い。助けを呼びたい…

しかし、声は出ません。身体も動きません。

勇気を振り絞って、もう一度後ろを振り向くことにしました。気のせいかもしれないからです。ゆっくりと、ゆっくりと私は後ろを見ました。


すると、やはりそこには、首のない何かが、いたのです。












怪談



ハーッ!!!! 首のないギターだ!!!!!!!!

私の心臓は停止寸前でした。

しかし、私の恐怖体験は、ここで終わりではありませんでした。

もっと、もっともっと恐ろしい出来事が、待っていたのです。

その時、左手側に新たに別の気配を感じました。

何かがいます。その時、自室の扉がギーッ…と、ゆっくりと開きはじめました。

そして、少しづつ見えてきたのです。

うつむいた、青白い顔をした、髪の長い女性が、薄暗がりの中で、こちらを恨めしそうに見つめているのが。

ハ、ハ、ハーッ!!! 私は立ち上がって逃げ出したくなりました。しかし身体は金縛りにあって動きません。

するとそのうつむいた、青白い顔をした、髪の長い女性は、いきなり全速力でこちらに向かってダァーーーッと走り出してきました。

詰んだ、とその時思いました。心臓が止まりそうです。その女性は、とどめに私の顔の前に、

バァーーーーン!!!と一枚の白い紙を突き出しました。




ヒエェェーーーーーッ!!!!


そこには “領収書 strandberg Sweden Custom Shop Boden 7 ¥ 759,240″ と書いてありました。

コロス… とその女性は言いました。白い泡を口から吹きながら、私は意識を失いました。





怪談
この記事をお届けした
Jazz Guitar Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!