Mike Morenoの作曲心得:常に吸収していれば音楽は自然に出てくるようになる

マイク・モレノがこのサイトでのインタビューで、作曲することについて次のように語っています。

作曲は自然なものであるべきだよ。締切がない限り、僕は無理矢理作曲したりはしない。作曲は練習や、これまで自分がプレイしたことがないことを頑張って発明することと関係があるんだ。これまで受けてきた影響を活用して、自分自身の何かを生み出す。常に新しいものを聴いたり、学んだりして吸収しているのであれば、音楽は自然と君から出てくるようになるよ。それは君がいままで受けてきた影響の完璧なミックスになるんだ。多くの(僕の)生徒たちはそのことを理解していない。彼等は、その曲知らないといけないよ、と言われた5曲くらいの関連性のないスタンダード曲だけを暗記して、作曲できるように思っている。でも彼等はこういう曲を自宅で聴くことは決してないし、彼等が「聴いている」と言うものについては、彼等は決して学ぼうとしないんだ。影響を受けたレパートリーをより多く自家薬籠中の物にすればするほど、君自身の音楽は完全なものに聴こえてくる。それは自然な過程だよ。新しいアイデアを見つけるのは時には簡単だけれど、時には難しい。

他人の演奏に学ぶべきだ、学ばなくてもいい、コピーすべきだ、コピーしなくとも良い、という議論が頻繁に持ち上がりますが、マイク・モレノは一貫して過去の偉人に学ぶことの有効性を主張しているように見えます(とはいえ、彼は「本」によってそれを学ぶのではなく、とにかく耳コピーしてそのニュアンスを余すことなく伝えられるくらい弾き込むことの重要性を語っています)。

作曲についてもとにかく様々な影響を受けることの重要性を語っています。たくさん聴けば聴くほどそれらが自然にミックスされて、なおかつ自分の個性もそこに乗る、という考え方は、私は結構好きで、自分にとってもそれが自然な音楽的成長を見込める普通のパスではないのかな、と思ったりします。

大体何か行き詰まったら、新しい音源を聴いたり、新しいことを試してみるとかなりの確率で閉塞状況が打開されたりすることが多いです。最近はJazz Guitar Forumで様々な新しい音源に触れることができて刺激になっています。モレノ先生、口調は厳しいですが、バッサリと「本当のこと」を言ってくれている感じが良いです。

Lotus
Lotus
posted with amazlet at 17.08.07
Mike Moreno
CD Baby (2015-12-01)
売り上げランキング: 156,444

マイク・モレノ、最高でしょう。この絶対的な自身、自分自身への挑戦と信頼。厳しい意見を言うことで敵を作ったりもするのかもしれないけれど、彼の音楽は彼の言葉の全てを正当化するのではあるまいか、と思えます。説得力ありまくりです。





Mike Morenoの作曲心得:常に吸収していれば音楽は自然に出てくるようになる
この記事をお届けした
Jazz Guitar Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!