ブルース・リーが自分に聞く3つの質問

約2年ぶりに心の師、格闘家ブルース・リー先生の言葉に学んでみます。

Three questions. – Come to some sort of realization as to whatever your pursuit might be. In my case, it has been the pursuit of becoming, moment to moment. And constantly questioning myself: “What is this, Bruce?” “Is it true or not true?” “Do you really mean it or not mean it?” Once I’ve found that out, that’s it. (“Striking Thoughts”)

3つの問い。追求しているものが何であれ、それについて何らかの自覚に至るようにせよ。私の場合、それはある瞬間から次の瞬間に移るたびごとに、「なる」ことの追求だった。私は常に自分にこう聞いていた。「それは何だ、ブルース?」「それは真なのか、真でないのか?」「お前は本気でそれをやりたいのか、それとも本気ではないのか?」 それに答えられるようなら、問題ない。

その音は何だ?
その音は「真」か?
それは本当に意図している音なのか?

そのように考えて練習したいと思います。

ブルース・リーが自分に聞く3つの質問
この記事をお届けした
Jazz Guitar Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!