オルタード・スケールについて

この記事ではオルタード・スケール(Altered Scale)と呼ばれるものについて自問自答形式で考察してみます。

どんな音列?

例えば「Cオルタード・スケール」なら下の譜面のようになります。音の並びは「半音ー全音ー半音ー全音ー全音ー全音ー全音」(H-W-H-W-W-W-W)。7音のスケールです。

オルタード・スケール

名前の由来は?

英語の”alter”(=変化させる)に由来しています。Cオルタード・スケールの場合、Cドミナント・スケール(=Cミクソリディアン)のルートと3度とb7度以外の音が全て変わっています。

2度(9度)はb9thと#9thになり、4度(11度)は#4th=#11thになり、5度はb5thになり、#11thとは異名同音の関係になります。6度(13度)はb13thに。これらを並べるとCオルタードになります。

コードから見た時に含まれるカラートーン(テンション)はこんな感じです:

C7(b9, #9, #11, b13)

別名は何?

オルタード・ドミナント・スケール(Altered Dominant Scale)とも呼ばれます。

ロクリアンの4番目の音を半音下に変化させるだけでオルタード・スケールになるせいか、スーパーロクリアン・スケール(Super Locrian Scale)とも呼ばれます。

前半が「半音ー全音ー半音ー全音」のコンディミ(=和名でcombination of diminished scale, 英語ではdominant diminished scales / Half-whole diminished scale)で、後半が「全音ー全音ー全音ー全音」のホールトーン・スケールになってるとも言えるためディミニッシュト・ホールトーン・スケール(Diminished Whole-tone Scale)とも呼ばれます。

メロディック・マイナーとはどういう関係?

このスケールは「半音上のメロディック・マイナー」と同じと考えることもできます。 「メロディック・マイナー・スケール」の7番目の音からスケールを弾くと同じ音列になります(=スーパーロクリアン)。そのため「メロディック・マイナーの第7モード」とも言われます。

メロディック・マイナー・スケールとオルタード・スケール

メロディック・マイナーの転回形なら他に6つの名前があるはずでは?

あります。C Melodic Minorを基準にして言うと、下のような名前になります(それぞれ微妙に違う名前で呼ばれることもあります)。赤字にした3つのモードの関係は非常に重要なものなので強調しておきました。

C Melodic Minor
D Dorian b2
Eb Lydian Augmented
F Lydian Dominant (F Lydian b7)
G Mixolydian b6
A Locrian #2 (A Locrian natural 2)
B Altered (B super-Locrian)

どんな時に使うもの?

普通は4度上に解決するドミナント・セブンス・コードの上で使われます。一見したところトニックに解決していないように見えるコードでも使える時がありますが、そういう場合は和声進行の分析能力が必要になります。

理論が苦手な場合は、実際にオルタードを使ったフレーズ弾いてみて「合う」かどうか、自分の耳で判断するのが良いと思います。たくさんジャズを聴いている方なら自分の耳で判別できます。

マイナーのII-V-IのV7のところでも使える?

問題なく使えます。しかしマイナーII-Vの場合は、V7で5度下のハーモニック・マイナー・スケール(Harmonic minor perfect 5th below, 通称hmp↓またはHP5)を使うことのほうが多いかもしれません。

HP5を観察してみます。#9thと#11thがありません。そのかわり、ナチュラル11thがあります。見方を変えると、Cのコードトーンである1度・3度・5度に半音上からアプローチする別のトライアドが存在しているとも言えます。b9thと3rdのあいだに#9thがないことによって発生する短3度(厳密に言うと増2度)が特徴的です。

Harmonic minor perfect 5th below

便利な覚え方は?

「別名は何?」のところで、このスケールはロクリアンと1音しか違わないと書きました。それはつまりアイオニアン(=メジャースケール、ドレミファソラシド)と1音しか違わない、ということでもあります。CアイオニアンならメジャースケールのルートのCを半音上げるとC#オルタードになります。

コード・フォームとの関係は?

オルタード・スケールとコードフォームとの関係は下の記事で書いてみました。この音列は基本的なコード・シェイプの上にマッピングできるため、極力コードと一緒に覚えたほうが後々良いことが多いと思います。

ジャズギター・コード・コレクション(4):オルタード系フレーズへの扉を開くE7(#9)
ジャズギターでよく使われるコードを観察するシリーズ第4回目は、超基本的なコードを取り上げます。1970年頃に欧米で人々を熱狂させた有名なコー...

C7(b9)と楽譜に書いてあったら使える?

そういう理解で良いと思います。下はRomain Pilonという最近話題のフランス人ギタリストの”Out of nowhere”の演奏ですが、このソロ最初のコーラス、1:30頃のD7(b9)上で彼はb9音だけでオルタード感を出しています。センスの良い使い方ですね。

下の譜面は1:27秒〜の採譜ですが、赤丸の部分がb9音。全てのテンションを弾かなくともオルタード感は表現できるし、とにかくメロディが大事なのだということがわかります。スケール内の音をただ順番に並べてもメロディにはなりません。

b9によるオルタード感の表現

ディミニッシュとの関係は?

例えばC7(b9)やC7(alt)という表記がある時、半音上のディミニッシュ・コードやディミニッシュ・スケール(全ー半ー全ー半ー全ー半ー全ー半)を使うことができます。

何故かと言うと、C7(b9)の構成音はC-E-G-Bb-Dbで、ここからルートを省くとEディミニッシュ・コードが得られるからです。EディミニッシュはすなわちG, Bb, Dbディミニッシュでもあるため、Db=Cの半音上のディミニッシュ、と考えると便利、というわけです。

あとDbのディミニッシュ・スケール(Db diminished scale)は、Cのコンディミ=ドミナント・ディミニッシュト・スケール(C dominant diminished scale, C half-whole diminished scale)と同じになります。

ただこれらのディミニッシュ・スケールを使用する場合、含まれるカラートーン(テンション)はオルタード・スケールに含まれるものと違ってきます。

解決先のIのどの音に着地する?

b9thはIの5thが最も近い
#9thはIの6thまたは7thが最も近い
#11thはIの9thまたはルートが最も近い
b13thはIの9thが最も近い

そのため、それらの音に自然に着地できます。

メジャー・トライアドは隠れている?

増4度(#11)と増5度(b13)をルートとするメジャー・トライアド2つが隠れています。Cオルタードなら、F#(赤◯の音)とAb(青◯の音)が隠れています。これを使ってフレッシュな表現を試せます。

オルタード・スケールの中のトライアド

ちなみに、トライアドのモダンな活用法は下の本で詳しいです。巻末の「コンテンポラリーメソッド」というセクションです。現代的な音使いに興味がある方に大変参考になると思います。

NEW YORKジャズギター・スタイルブック 【CD付】
石沢 功治
ヤマハミュージックメディア

このスケールについてもっと詳しく知りたい、意見を交換したい、わからないことがある、という方は、是非Jazz Guitar Forumのこのスレッドに遊びに来ていただけると幸いです(閲覧にはメンバー登録が必要です)。皆で語り合いましょう。

オルタード・スケールについて
この記事をお届けした
Jazz Guitar Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!