ジャズギター関連教則本を3冊執筆しました

アメリカのコンピューター関連書籍で有名なオラルリー社からジャズギター関連教則本を3冊、出版することになりました。残念ながら英語版のみで翻訳予定はありません。

1冊目は「フレーズの単純コピーとペースト:退屈な表現のために」という本で、クリエイティビティを放棄したいギタリストを念頭に書かれたものです。スクールで習ったフレーズ・本で発見したフレーズを一切の工夫なしに手当たり次第に貼り付ける技法について詳細に解説してあります。


Just Copying and Pasting Phrases - For Boring Expression

2冊目に出版したのは「無害なラインを作る:結婚式でのBGM演奏のために」という上級者向けの本で、それが「ジャズっぽい音楽」であることを認識させながらも決して自分の個性を表出させない透明な表現の追求に特化してある本です。ホテルのラウンジ、カクテルバーでの演奏の際にも役立ちます。


Creating Harmless Lines - For Wedding BGM

3冊目は来月発売予定の「クリエイティブ・パワーのある食用キノコ:考えるな、食え」というタイトルの本で、これまで私が実際に食用した結果、啓示や霊感が得られたキノコたちを紹介してあります。音楽理論やギター演奏の話題は一切入っていません。


Edible Mushrooms with Creative Power

いずれも日本国内での発売予定はありません。もしかしたら米国でも発売されないかもしれません。詳しいことはまだ何も知らされていないので、続報が入りましたらあらためてお知らせします。





ジャズギター関連教則本を3冊執筆しました
この記事をお届けした
Jazz Guitar Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!