新年弦交換の儀

年が明けてから久々に弦交換しました。もともと2週間に1度とかマメに弦交換していたはずなのですが、気付けば最近はどのギターも半年以上張りっぱなしに!! お正月にメインギターの弦がバツンと切れたので、まとめて交換。

新年弦交換の儀

でも何故あまり弦を交換しなくなったんだろう。不思議です。

  • 忙しくて弦を交換しているヒマがあったら練習したい
  • ハーフラウンドやコーティング弦を主に使うのでそもそも長持ちする

という理由なのかなと思ったのですが、これほど長期間弦を交換しなかったのははじめて。もしかして…

  • 耳が悪くなってピッチの悪さに気付かなくなかった
  • ピッチの悪さを脳内補正する能力が向上した
  • 加齢のせいで手から水分がなくなってきた(汗もかかなくなってきた)→錆びない

……

さて弦交換のやり方も人それぞれですが、私の場合はこんな手順です。

  • 全ての弦を全音程度ゆるめる
  • 6〜4弦をゆるめて完全に外す
  • ヘッド・ネック・ボディの半分をきれいに拭く
  • 6弦、5弦、4弦と張ってある程度テンションを上げる
  • 3〜1弦をゆるめて完全に外す
  • あとは同じ手順
  • 張ったらチューニングし、「ストレッチャ」というレバーで弦を伸ばす。2回やれば十分
  • 仕上げのチューニング
  • ペグから飛び出した弦をニッパーでカットする

という感じです。弦のカットは最後にやるようにしています。チューニング前にカットするとペグから外れてしまうことがあるし、ぼんやりと作業していたら最後の最後で5弦と4弦を逆に張っていた、みたいなミスから学びました。

「ストレッチャ」というツールはこれです。軽くかけるだけでもチューニングの安定が早いです。丁寧に扱います。ナットぎりぎりまで入らなくても十分余分なたるみを取ることができます。

過去記事を調べてみたら2年前はやはり2週間に1度交換していたらしい…

弦交換時の4種の神器
ギターの弦交換はあまり好きではありません(好きな人っているんだろうか)。

皆さんはどのくらいの頻度で弦交換をされていますか。Jazz Guitar Forumにアンケート付きのスレッドを立ててみたので、宜しければポチッとご参加下さい!





新年弦交換の儀
この記事をお届けした
Jazz Guitar Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!