猫カフェのためのジャズギター

時々遊びに行く猫カフェのチェーンがあるのですが、そこではいつも不思議なジャズギター音楽が流れています。この動画の曲は”All The Things You Are”です。猫たちがそうであるすべて。絶妙なタイミングで流れたこの曲に感動しました(笑)。

A post shared by Jay (@jazzguitarblog) on

しかしこのジャズギターデュオの演奏がかなり不思議なのです。どの曲もスーパースローで、スローだからといって16分音符が入るわけではなく、レイドバックした8分音符が中心。たまにディミニッシュの3連符が入る。ソロのピックアップは教科書的なド・オルタードで、フレーズも全て伝統的なもの。アーティキュレーションは、演歌のこぶしや超低速のマヌーシュ・ジャズみたい。長玉はビブラートで揺らします。

ディスっているわけではなく、存在意義がよくわからないジャズだ、と思ったのでした。たとえばこのジャズギター・デュオの前に座って、じっくり演奏を鑑賞する、という聴き方が想定できません。一体どんな需要のある音楽なのだろう…と思ったら、まさにこの猫カフェのような空間にぴったりであるように思えたのでした。世の中にはいろいろな音楽があるものだ、と思ったのでした。

チャオ (CIAO) ちゅ~る とりささみ 海鮮ミックス味 14g 20本
いなばペットフード (2014-09-15)
売り上げランキング: 28




猫カフェのためのジャズギター
この記事をお届けした
Jazz Guitar Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!