自虐におけるポジティブな選択

海外掲示板redditでこんな面白い看板の写真を見かけました。

自虐におけるポジティブな選択

“Tired of being fat and ugly? Just be ugly! GYM”

デブでブサイクであることにうんざりですか? ただのブサイクになろう!
スポーツジム

ストレートすぎるこの勧誘文句を見てコーヒーをブッと吹いてしまったのですが(何でブサイク前提なんだよ!)、この考え方はギター練習においても結構有益なのではないかと思ったのでした。例えば…

指が動かず、歌心もないことにうんざりですか? ただ歌心のない人になろう!
メカニカル練習

とか、

リズム音痴で、曲もよく覚えていないことにうんざりですか? ただ曲をよく覚えてない人になろう!
メトロノーム練習

とか、

ギターがヘタで女性にもモテないことにうんざりですか? 単に女性にモテない人を目指そう!
外界との接触を断って練習

とかどうでしょう。「俺はあれもこれもダメだ〜」という状態に陥ったら、全てを一気に克服しようとするのではなく、一先ず現状を受け入れ、ふたつダメな点を特定してひとつだけ集中的に改善してみる。しかし、すごい看板だ(笑)。





自虐におけるポジティブな選択
この記事をお届けした
Jazz Guitar Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!