椎名林檎とレディオヘッド

あまりにも好きで、好きすぎて自分の中で「平常時は」封印してしまった音楽があります。椎名林檎とレディオヘッドの音楽です。

どちらもちょっと頭がおかしくなるくらいに聴き込みました。何故それほどまでに好きになってしまったのか。何故 はない(笑)。愛に理由はない。でも、本当に入れ込みました。ライブにも行ったし、何というか中毒性があって、大袈裟なことを言うと、聴いているだけで容易に 向こう側 に行けてしまう。

でも、そういう音楽の聴き方は健全ではないのかもしれない、と思うようにもなりました。さらに私はギターのマステリーを目指している人間でもあります。そういう者としては、どっぷりと忘我没入し、耽溺しているわけにはいかないのです。もっと冷静に、少し離れないといけない。それが本当の愛なら、少し離れたところから愛さなければならない。そう思ったのです。

そういう思い出を、ジャズ・シンガー和田明さんの最新動画で呼び覚まされました。和田さんのYouTubeチャンネルを登録していたら通知があって、見てみたら、わぉ、またしても私の思い出の曲が!(笑)

私は一時、椎名林檎さんと結婚したいと思うくらい好きになったことがあります(ストーカーw)。あれは、声に超音波とか何か特殊な脳内麻薬を出す成分があるんじゃないのかな(曲も歌詞も勿論いい)。レディオヘッドと並んで、私のアオハルです。というかそんな話はどうでも良くて、和田さんの動画の後半がラジオみたいでその部分のお話もすごくいいんです。皆さん是非聴いてみて下さい!

そして改めて書いておきたいのが、和田さんのギターがやはりすごく「うまい」ということ。気持ちいいということ。ギターをずっとやっている人ならきっとわかるはず。

セッションに行くとするじゃないですか。

指が速く動く人、複雑なことができる人、たくさんいます。

でも和田さんのようにグルーヴのあるコードが弾けるか。そういう意味では、10人中8人、弾けない。このことは、真面目に考えないといけない、という気がしています。理論以前、アドリブ以前、技術以前の話。本気でやればやるほど、かなり大事なものを忘れてしまうことがある。

たまに封印を解いて、椎名林檎やトム・ヨークの歌声を聴いてみようかな。ちょっと怖いけど。





椎名林檎とレディオヘッド
この記事をお届けした
Jazz Guitar Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!