カート・ローゼンウィンケル、難敵の質問に快く答える

インタビューをする側の人間は、少しバカなくらいがちょうどいいのだ、と聞いたことがあります。何故なら何でも色々と「知っている」立場の人間は、自分が当たり前と思うものを聞かないことがあるからです。

以前このブログで、フランスの最高にカッコいいギタリスト、ロメイン・ピロン氏にインタビューさせていただきました。

ロメイン・ピロン(Romain Pilon) インタビュー
このところ急激にファンが増えているフランス出身のギタリスト、ロメイン・ピロン(Romain Pilon)氏。氏に関する情報が少ないこともあり...

とても面白い内容になったと思うのですが、それは私が聞き手として優れていたからではなく、少しバカだからです。そしてそのくらいの人のほうが、いいお話を聞くことができるのではないかと思います。

だがあえて言おう。物事には限度というものがある。以下は2009年、フランス・ニースのジャズ・フェスティバルでカート・ローゼンウィンケルが受けたインタビューの内容である。

カート・ローゼンウィンケル、あなたはフランス語を話さないのですか?

KR: すみません、話しません。ちょっとね。ちょっとだけ(仏語で)

コンサートの時に、後ろ側に太陽がありましたが、あたたかすぎはしませんでしたか?

KR: ちょっとあたたかかったけど、大丈夫だよ〜!

演奏している時は何も感じないわけですね?

KR: そうだよ、その通りだ

なぜあなたはその帽子を…それはあなたの外見の一部なのですか、その帽子は?

KR: ああ、僕はいつも帽子をかぶってきたからね…僕はただ帽子が好きなだけなんだ…だから、かぶっている…ハハ…ワハハ…

あなたはギタリストですが、作曲家でもあるんですね?

KR: そうだ、そうだ

今日私達が聴いたのは、あなたの曲だったんですね?

KR: 違う、今日演奏したのは全部スタンダード曲です、全部ジャズのスタンダードです、このプロジェクトはスタンダード・トリオですから、僕の曲は1曲もやりませんでした

即興はしなかったんですね?

KR:い、いや、僕たちは即興しました、ジャズ・スタンダードを基に。伝統的なジャズの文脈でね、僕たちは曲を演奏して、曲を素材に即興したんです

では、今日私達が聴いたのはインプロヴィゼーションだったのですね?

KR: ええ、まったくその通りです

信じられない、なぜならとてもメロディックだったからです

KR: おお、ありがとう

それに伝統的なジャズでもありました。あなたの影響は何ですか?

KR: バド・パウエル、チャーリー・パーカー、マックス・ローチ、マイルス・デイヴィス、ブッカー・リトル、エルモア・ホープ、そこに座っているソニー・ロリンズ、あとジョー・ヘンダーソン、ウェイン・ショーター

たくさん影響を受けたんですね

KR: イェー…

でもいつも同じスタイルなのですね?

KR: 違う! 僕はいつもいろんなスタイルの、世界中のアーティストに影響を受けてきたんだ、フラメンコとか、ショスタコーヴィッチやショパンのようなクラシックとか、ヒップホップとか…多くはジャズだけど…いろんな音楽に影響を受けてきたんだ

あなたはモダン・ジャズをやっているつもりなのですか?

KR: 何!?

あなたはモダン・ジャズをやっているつもりなのですか?

KR: ぼ、僕は…

古典的なジャズをやっているのですか?

KR: 僕は… モダン・ジャズ(現代的なジャズ)をやっていると思う、その質問に答えるのなら…

演奏中のあなたの顔を見ました、あなたは音楽に没入しているように見えましたが、演奏中、あなたは夢を見ているのですか?

KR: わは…(笑いをこらえる)

演奏中は何を考えているのですか?

KR: 時には、演奏中に何を夢見ていたか覚えている時もある、時々はね、時々、様々な感情のことを考えていたり、人々のこととか、バド・パウエルのこととか演奏中に考えていることがある、バド・パウエルがピアノを演奏する姿を視覚化したりね、すると少し演奏が良くなるんだ、それがひとつ、あとはね、僕が「宇宙」と呼んでいるものと接触しようとしているんだ、そのへんにある感情、精霊みたいなもののことだけど…

それはあなたの顔に見えない、見えなかった、あなたの顔に見て取ることができました。

KR: …オーケー…w

あなたは繋がっていたんですね?

KR: Yeah…(笑)

あなたはどこに住んでいるんですか?

KR: ベルリンに住んでいます、ドイツの。

ひどい…ベルリンに住むのって最悪じゃなくないですか? そう思いませんか?

KR: 僕はベルリンが好きだよ!

ドイツ人はどうですか?

KR: グレートだよ!ファンタスティックだよ! ベルリンは大好きだよ、小さいコスモポリタンの街だよ、心が開かれた人達がたくさんいるし、多様性があってダイナミックなんだ!

でも何故ですか、何故あなたのようなジャズマンが住んでいるのですか? なぜベルリンに住んでいるのですか、なぜそのような選択を?

KR: ニューヨークに長く住んでいたんだけど、その後、当時の妻のいるスイスに移住して、その後ベルリンで教授職のオファーをもらったんだ

この(ニースの)フェスティバルに来るのははじめてですか?

KR: いや、すごく昔にゲイリー・バートンと来たことがあるんだよ、1992年だったかな、たぶん。それ以来は来ていなかったんだ。ここは美しいね!

それはスタート、初めての体験だったのですね?

KR: ああ…素晴らしい場所だよ! 僕たちは木曜日に来たから、ちょっと落ち着いて遊びに行く時間があったんだ。

あなたは他に2人のミュージシャンと来ました、バッテリーとバスとともに(注:仏語でドラムスとベースのこと)。しかしあなたはもっと大人数での演奏もするようですね?

KR: クインテットで演奏することもあります、最新アルバムはクインテットでした、サックス、ピアノ、ベース、ドラム、ギターでした。それにしばらくカルテットでもやっていました、去年とか。でもトリオはいつも大好きなので。だから今回はトリオでやってます。

今回あなたの演奏を聴けて良かったです、カート。ニースにようこそ。

KR: ありがとう。本当にありがとう!


このインタビュワーは解雇されるべきである。





カート・ローゼンウィンケル、難敵の質問に快く答える
この記事をお届けした
Jazz Guitar Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!