作品レベルに昇華されているJazz Duetsの教則動画がすごい

最近Jazz Duetsというサックス奏者の方のYouTubeチャンネルをよく見るのですが、いやぁ、ペンタトニック・スケールの各音にクロマティックでアプローチする練習がテーマのこの最新動画が素晴らしい。

内容もためになるのですが、単なる教則動画、How Toモノを超えてこれ自体が楽しいエンターテイメント動画作品に仕上がっているではないですか。説明のナレーションもちゃんと音楽の一部になっています。すごくクリエイティブな仕事だなぁと思いました。

一応エクササイズの内容としては、マイナーペンタトニックの各音に対して半音上や半音下から1音でアプローチ、上下1音でサンドイッチ(エンクロジャー)、さらに3音や上下2音でサンドイッチする。どれをどのくらい使っても自由。リズムを柔軟に、裏拍もたくさん使いましょう、そして使う音よりも実はリズミック・フィギュアのほうが大事だよ、というお話。

ペンタトニックだけでもこうやってアプローチノートをクリエイティブに使うとこれだけ面白い表現ができるというお手本のような動画でした。アカデミックな方法論ではなく、もうこういうので好きにやりなよ、という親切な投げやり感も最高ですw

複雑なジャズハーモニーに慣れていない入門者の方でも楽しく音楽性を磨く練習ができるアイディアだと思います。コードのルートからはじまらない各種ペンタトニックに対して同じことをやる、という応用も。





作品レベルに昇華されているJazz Duetsの教則動画がすごい
この記事をお届けした
Jazz Guitar Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!