マイルスへの手紙 2018年夏

拝啓

親愛なるマイルス・デイヴィス様

マイルスへの手紙 2018年夏

マイルス、元気にしているだろうか。今年はお盆になっても、あんたは降ってこなかった。あんたが降臨しなくなってからだいぶ経つ。いま何をやっているんだ? そっちでは元気にしているのか? もう、俗世間に興味はないのかな。僕は、最高の調子ではないけれど、まあまあ元気にやっている。

ギターの練習と音楽の追求は、続けている。いろんな練習をしているが、何かうまく行かない時はあんたの”Kind of Blue”を聴くと大体、解決する。あのアルバムは、本当に偉大だ。

そうそう、最近こちらの世界では「AIスピーカー」と呼ばれるものが流行中だ。僕は「Amazon Echo」という製品を買った。これが、わりと便利なんだ。「アレクサ、『ブルー・イン・グリーン』は誰の曲?」と聴くと、ちゃんと「マイルス・デイヴィスです。」と答えてくれる。ビル・エヴァンスかもしれません、とか言わないんだ。きっとマイルスも気に入ると思う。

良くなかった出来事といえば、仮想通貨への投資だ。マイルス、あんたに頼まれてビットフライヤーに突っ込んだ15万円は、いま49,626円まで目減りした。いっそのこと0円になるまで放置しておくつもりだ。ひと山当てたら仕事をやめて音楽に集中する、という淡い期待を持った僕がバカだった。

マイルス、最近よく思うのは、何事にもピークがあるんだっていうことだ。あんたがあれほど絶賛したセルフ海鮮焼き居酒屋「磯丸水産」もピークをすぎた印象がある。僕たちが一緒に行った磯丸、いや、アイソマールのうちいくつかは、「いち五郎」という餃子屋になったり、「鳥良商店」という焼き鳥の店に変わってしまった。もう人々は自分でホタテやエビを焼くことに飽きたのかもしれない。

店で酔っ払った客が喧嘩する風景も増えてきた。たぶん不景気と政治不信が根底にあるのかもしれない。いまの日本は景気がいいと言う。国内総生産も伸びていて、給料やボーナスも増えているという。勿論、それは全部嘘だ。僕も、僕のまわりの人間も、みんな貧しい。僕たちはみんな、政治に騙されている。

僕は現在の日本の政治に不満だ。というか、日本の政治に満足だったことがない。実は政治に興味を持ったことは一度もないんだが、それでは国民として良くないと思うから、選挙があれば投票所には行く。でも、この現状を打破すべく与党以外に投票しようと思っても、投票できる野党がひとつもない。だからいつも何も書かない紙を投票箱に入れて、帰ってくる。こんなに虚しいことはない。

マイルス、暗いニュースは他にもある。それは「いきなりステーキ」がすっかりダメな店になってしまったことだ。「肉マイレージゴールドカード」所持者なら無料で注文することができたサントリーの黒烏龍茶が、「いきなりステーキオリジナルブランドの黒烏龍茶」へと変わってしまったんだ。成分表を見ると、そこに「難消化性デキストリン」の文字はない。コストカット、シュリンクフレーションの一形態だ。

マイルスへの手紙 2018年夏

難消化性デキストリンの入っていない黒烏龍茶のどこが黒烏龍茶なのか、理解に苦しむ。マイルス、あんたならきっと暴れて店を破壊していたと思う。「いきなりステーキ」もピークを過ぎたように思う。

本当に儚い世の中だ。僕が細々と続けているギターとジャズのブログも昔ほどの勢いはもうない。「いいね」もすっかり減った。人々は疲れている。僕はクオリティの高い記事を提供し続けてきたつもりだが、人々は疲れすぎて「いいね」ボタンを押す気力さえ失いかけているんだ。これも全部、政治のせいだ。

変わらないのは、マイルス、あんたの音楽の魅力、その真実だけだ。

そうだ。相変わらずいろいろとダメになってきている世の中だけれど、マイルス、一人だけあんたが興味を持ちそうな人間がいる。その男はテレビで話題だ。山根明という日本ボクシング連盟の元終身会長で、論理を超えた力強さがある。少しだけマイルスを感じた。マイルス、あんたもボクシングが好きだったよな。今度降りてきた時は、会いに行って、酒でも飲んでみるといい。

ただ、僕は遠慮しておく。僕はいま、なるべく酒を飲まないようにしている。ビールのかわりに、炭酸水を飲んでいる。そのほうが練習が捗ることに気付いたんだ。そうか、あんたが降りてこなくなったのは、僕が深酒をしないようになったことと、関係があるのかな。

じゃあ、今夜は飲んでみようか。僕の夏休みも、もう終わりだ。マイルス、たまには降りてきてくれ。僕はまだあんたに聞きたいことが、山程あるんだーー





マイルスへの手紙 2018年夏
この記事をお届けした
Jazz Guitar Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!