ギターのナット付近に巻いてあるあのモフモフが欲しい

YouTubeのレッスン動画で有名なイェンス・ラーセン氏。アイバニーズの古いセミアコを愛用されていますが、いつもナット付近に何かタワシみたいな、いやモフモフした感じのものを巻いているのが気になっていました。素材はガチャピンの友達のムックみたいな感じです。

この手のアクセサリー、タッピングする方はよく使われていますよね。先日、右手を一切使わずに左手のタッピングだけで基礎練習から曲まで一日中練習していたら(これはホントいい練習。これでちょっとでもリズムがヨレずにいい音で弾けないといけないんだと思った)、ラーセン氏のモフモフが欲しくなりました。でも楽器屋さんやamazonを探してみても、ガチャピンの友達みたいなモフモフのがない。

いまいちばん流通しているのは「FretWraps」という製品らしいです。内側はタオル地ですが、私が本当に欲しかったのはラーセン氏が使っているようなガチャピンの…何処で売ってるんだろう…

Gruv Gear FretWraps

でも、これ自体は良いものです。普通に開放弦を使いたいときはサッとヘッド側にスライドさせれば良いだけです。

Gruv Gear FretWraps

私の場合は特殊練習用ですが、これ便利ですね。ハンマーオンとプリングオフだけで弾く練習、オススメです。ピッキングの練習も大事だけれど、左手だけでやってみるとフィジカルな弱点がよくわかります。あと同じ指を2回以上続けて使うような動きは、俊敏性が鍛えられるだけでなく、運指を見直すきっかけになったりしますね。音を出すことについての意識も変わってくるので、面白いです。

私が買ったのはこのGruv Gear FretWrapsというのもの。サイズが色々あるのですが、6弦のギターならスモールで問題なさそうです。色も黒とか赤とかいろいろあるので、ギターに合わせて選ぶのも楽しいです。

だがしかし…あのガチャピンの友達みたいなモフモフが欲しい…そっか、自作すればいいのか!





ギターのナット付近に巻いてあるあのモフモフが欲しい
この記事をお届けした
Jazz Guitar Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!