グーグルギター

新しいギターを手に入れた!その名もグーグルギター。ボディにスマホほどの大きさの液晶画面がはめこまれていて、そこに様々な便利情報が表示されるという優れものギターだ。今年モンドセレクションで最高金賞を受賞して話題になった。

グーグルギター
Original image from Fender.com

早速ぼくはCadd9コードをバーン!と鳴らしてみた。ド・ミ・ソ、そしてレ。トライアドに9thを足した、シンプルながらも透明感のある美しいコード。バーン!

ん…? 何か、違う…

余計な音が入っている…

ぼくはグーグルギターのボディの液晶画面を見た。するとそこには驚きのメッセージが表示されていた。

もしかして:CΔ9

違う!違うんだよ!いまぼくはB音を弾きたくなかったんだ…余計なおせっかいしやがって!Cadd9を弾きたかっただけなのに、グーグルギターはぼくが必要としていないメジャーセブンスの音を押し付けてきた。

気をあらためて、今度はAm11コードを弾いてみることにした。ボーン。ボーン…

何だ…何かが違う…

音が足りない…いくら6弦ルートDrop 3のAm11を押さえて弾いてみても、聴こえてくるのはルートのAと、11thテンションのDだけだ…な、何なんだこのギター…ぼくはふたたびボディのスクリーンを見た。するとそこには驚きのメッセージが表示されていた。

含まれない: 3度 7度

含めよ!

腹がたったぼくは窓の外にグーグルギターを放り投げた。

しかしギターがないと困るので、翌日新しいギターを買いに行くことにしたのだ。

ぼくは御茶ノ水のギターショップに向かった…するとお店に入るなり店員さんがぼくに向かって、言った。

お待ちしておりました!今日はジャズマスターか、テレキャスターをお求めにいらしたんですね!





グーグルギター
この記事をお届けした
Jazz Guitar Blogの最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!